独立すれば高年収も夢じゃない?社会保険労務士の働き方!

Published by:

そもそも社会保険労務士って?

皆さんは社会保険労務士という仕事をご存知でしょうか。社会保険労務士とは労働法や社会保険関係のエキスパートとして、企業の労務問題の解決や社会保険手続きの代行などを行う専門職です。不況の昨今、手に職をつけたりキャリアアップをしたりするためにこの資格の取得にチャレンジする人も増えています。また合格率も非常に低い難関資格であるため、転職活動でも比較的好待遇が期待できる職種です。

企業内社会保険労務士とは

社会保険労務士の取得後、企業で働き続ける場合も好待遇が期待できます。一般的に企業内社会保険労務士と呼ばれているこの仕事。仕事内容は主に人事部に配属されて社会保険の手続きや労務問題の解決を行う場合が多いです。ブラック企業問題が取りざたされる昨今、コンプライアンスの観点からも労務問題は企業にとって無視できないものであり、労働法の専門家である社会保険労務士の需要は増えています。そのため資格手当などを設ける企業も増えており、転職活動でも有利です。

独立すれば年収1000万も可能

企業で働く以外の選択肢ではやはり自分で社会保険労務士事務所を立ち上げるということが挙げられます。独立をした場合は企業から労務問題などの仕事を請け負うだけでなく、労働者個人から社会保険や年金の相談、パワハラ問題の解決などの様々な依頼を受けることが可能です。そのため、企業だけでなく、弱い立場の人のためにも働きたいと考えている人には向いていると言えます。

独立をした場合、営業センスや経営能力にもよりますが多く稼いでいる人だと年収1000万円も夢ではありません。

社会保険労務士の就業規則を用意するメリットとして、一人ひとりの従業員の死後に対する意欲を高める効果を期待できます。