相続税、孫への贈与には様々な特例措置が存在しています

Published by:

孫への贈与には様々な優遇措置が取られています

基礎控除額が5000万円+法定相続人の数×1000万円から、3000万円+法定相続人の数×600万円へと法改正された相続税ですが、孫への財産譲渡には様々な優遇措置が取られています。今回は、そんな相続発生時の節税にも繋がる孫への財産譲渡に関わる法律を一部紹介していきます。

最大1500万円まで非課税にすることが出来ます

自分の親族である孫に対する贈与は様々な優遇措置が取られており、30歳までの自分の直系尊属の孫への「教育」に関わる贈与なら1人の孫に対して最大1500万円までの範囲で非課税とする事が可能です。この教育に関わる孫への贈与の適用要件は、その贈与額を信託銀行等の金融機関に預け入れ、教育資金非課税申告書とその後教育に関わる様々な領収書の提出を行うことで成立します。「教育に関わるもの」とは、野球等の部活のグローブやバットの購入から、学習塾の学費等様々な範囲に適用されています。但し、その孫がその贈与された金額を30歳までに使い切ることが出来ないと、その残額に対して贈与税が課せられたり、受贈者である孫がその教育の為に贈与された金額を交遊費等他の用途に使用したことが発覚した場合においても各種のペナルティが発生するのです。

税理士さんに相談してみよう!

この教育資金の贈与は、毎年110万の贈与が可能な非課税枠とは別枠となり、この贈与を行ったとしても、当該孫への110万円の贈与を行うことが可能です。この他にも、自分の直系尊属である孫への贈与を非課税に出来る方法は存在しており、相続税の的確な準備を行うのなら、その道のプロである税理士等に相談して様々な法律をうまく利用しつつ節税をはかるのが正しい方法と言えるのです。

相続税相談とは、相続発生時に国に納付しなければならない相続税の額を、その相続発生時点前及び以後に税理士等の専門家に相談する事を指します。