声優になるにはどうすればいい?基礎的な練習が大切!

Published by:

アニメやゲームに欠かせない声優になる方法

昔からアニメには声優が声を当てる必要がありますし、大容量のディスクが一般的になってからは、ゲームでも声優が活躍する場が増えていますね。いわば社会に欠かせない職業ですが、そんな声優になるにはどうすれば良いのでしょうか?

中には動画配信サイトで声優活動をしていたらスカウトされてプロデビューするという人もいますが、ごく少数派です。デビューするための近道は、専門学校や養成所に入り、卒業後に事務所に所属することであると言えるでしょう。

恥ずかしがらずに声を出そう

ただし、養成所・学校に入ったからといって、必ずプロの声優になれるわけではありません。在学中や入学前から、プロになるための練習を欠かさないことが大切です。在籍者をラジオ番組に出演させる学校もありますが、その番組をアニメのプロデューサーが聞いていることもありますから、デビュー前から高い技量を持つ人は注目される可能性が高まります。

プロの声優になるためには、恥ずかしがらずに声を出すことが不可欠です。アニメやゲームのキャラクターになりきろうとすると、恥ずかしくて声が小さくなってしまう人もいますが、自分がそのキャラクターになったつもりで発声しましょう。

こんな場所でも声優の練習をできる!

直接的にデビューに結び付くわけではありませんが、声優としてのテクニックを高めるための方法はいくつもあります。

まずは、学校の放送部に所属するなどして、日常的に他人に声を聞かれる機会を作ることです。カラオケに行く機会があれば、アニメのキャラクターソングを歌っても良いですね。

恥ずかしがらずに役柄になりきるためには、演劇の稽古を受けるのが最適です。声を出すだけとは言え声優も演劇に携わる仕事ですから、しっかりと基礎を学びましょう。

声優の養成所似通うにあたり、授業の内容や担当の講師の経歴などを確認することで、将来設計を立てることができます。