絶対に損しない方法!?初心者でも簡単な信用取引のやり方

Published by:

信用取引で損を出したくないのならば

証券会社から資金や株を借り、それを元手に株取引を行う信用取引では、レバレッジ効果により資金の3倍超の利益を見込むことができます。反対に、損失規模も拡大してしまうことになり、信用取引は大変危険な取引と考えられがちです。しかし、信用取引も運用次第で初心者でも簡単に行え、かつ損失が出ない運用方法が存在します。まず、そうした運用方法を知る前に心がけておかなければならない点があります。それは、「信用取引のみで利益を出そうとしない」ということです。

利益確定の補助手段として信用取引を利用する

信用取引のみで利益を出すためには、システムトレードのような高度な運用手法が求められます。逆にそうしたスタンスにこだわらず、現物取引と組み合わせることを心がければ、信用取引のハードルは一気に下がります。例えば、株価が上昇し続けていて、あまり手放したくない銘柄の利益を行う際に信用取引の空売りを利用する方法があります。利益確定売りしたい所で空売りを行うことで、その後の株価動向を追いながら現物株で利益を伸ばしていくのか、それとも手仕舞いするのかをゆっくりと決めることができます。これは信用取引で利益を伸ばすというより、まさに利益を確保しておくための運用方法ということになります。

株主優待権を株価変動リスク無しで得る!

株主優待権を得たいと考えて権利落ち日前にその銘柄を現物買いした際、信用取引の空売りを同時にしかけておくと、その後の株価変動に関わらず株主優待権のみを手に入れることが可能です。これは、信用取引で空売りが行えるという性質を上手く利用した、まさに損失を出さずに利益のみを得る信用取引における醍醐味の一つと言える手法です。

信用取引の費用にこだわるなら、新規の契約者に対するキャンペーンが実施されている証券会社を探すことが有効です。