大変な介護をするために知っておくべき!介護保険のあれこれ!

Published by:

誰しも訪れる、介護が必要な時。

人は年を取れば、いつかは誰しも介護が必要になってきますね。私も介護のお仕事を経験しましたが、やはり介護というものは身体的にも精神的にもとても大変なものです。そんな介護について、とても素晴らしい制度があることをみなさんはご存知でしょうか!親が介護を必要になったとき、知人がひつようになったとき、自分が必要となったときなど。覚えておいて損はないことを説明させていただきたいと思います!

そもそも介護保険とは?

介護保険というのは、40歳以上になった月から健康保険のように加入し保険料金を支払い、介護サービスを受けられるように支える仕組みとなっております。基本的には国民全員が加入するものとなっておりますので、是非とも覚えておいていただければと思います!

実際に受けられるサービスはどんなものがあるの?

介護保険で受けられるサービスは大きく分けると「居宅サービス」「支援サービス」「施設サービス」となります。居宅サービスですと、デイサービスや訪問介護サービス等の利用費軽減、福祉用具貸与などがあります!支援サービスは、適切なサービスを受けられるようにケアマネージャや保健師などがケアプランを立ててくれます!施設サービスなどでは、重度の介護が必要なときに特別養護老人ホームに入る際の利用費の軽減などとなります!上記サービスは一つの介護保険に全て入っておりますので、是非とも覚えておいていただければと思います!もしも介護が必要になったときに、皆様のお役たてることをお祈りしております。

介護職員初任者研修とは介護職に初めて就いた方が受ける研修の事です。この研修を受けることで介護職のイロハを学びます。