こんなに沢山あるの?!介護の仕事に必要な資格

Published by:

多くの資格のある介護業界

資格の多い介護業界で活躍するには、資格を取得することが必要です。高齢者のために身体介護や生活援助を仕事とする介護職には、介護職員初任者資格や介護職人実務者研修、国家資格の介護福祉士のほかに、最高峰のキャリアとなる介護支援専門員の資格があります。

資格を取得する2つの方法

介護職で国家資格を取得するには、福祉大学などの養成施設を卒業することのほか、実務経験を積みながらステップアップして資格を取得する方法の2つがあるんですよ。

介護職員初任者研修がスタートです

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)を受講することが介護の仕事に就くスタートです。130時間のカリキュラムで最短約1ヶ月で研修を修了できるので、誰にでも簡単に挑戦できる資格と言えるでしょう。研修修了者となれば、訪問介護の仕事に就くことができ次のステップとなる介護職員実務者研修の受講ができます。

実務経験を積めばさらに上を目指せます

実務者研修修了者は、3年以上の実務経験で介護福祉士の国家資格、5年以上の実務経験者は介護支援専門員のの受験資格を得ることができるんですよね。もちろん、受験資格だけでは意味がないのでそれ相応の受験勉強をして国家試験に合格しなくていけません。国家資格に合格すれば生活指導員やサービス提供責任者として、さらに晴れて介護支援専門員となれば施設や事業所のメインとなるケアプランなどの作成の仕事が任されます。

仕事を続けながら資格が取れるのがメリット

実務経験が必要なので、仕事を続けながら知識と経験を積みひとつづつ資格を取得して行くことで、将来性のある介護の仕事で幅広い活躍ができると言う訳です。

実務者研修とは介護の基本的な知識と技術を習得する初任者研修の内容を理解した人がさらに実務的なことを学習する研修です。