ファッションの専門学校でパタンナーになるための技術を身に付ける

Published by:

パタンナーの業務内容とは

パタンナーというのは洋服のデザインの中でも基本となる型紙を考案する仕事に従事する人のことを指します。この仕事は洋服の形の設計を行うことになるので、発想力が求められるだけでなく、独創性や創造性なども求められてきます。業務の中ではCADソフトを使うことになるのでそれらを使いこなすことが出来る能力も必要です。パタンナーの業務はファッション業界の中でも技能職として位置づけられていることが多く、新しい流行を生み出す上では欠かすことの出来ない仕事です。パタンナーの多くが専門学校などで型紙の作り方やCADの操作方法を学んで一通り覚えてから就職をしているので、パタンナーになるためにはまず専門学校に行って知識を身に付ける必要があります。

専門学校なら熱意があれば覚えられる

パタンナーを育成している専門学校では、まず最初に服飾デザインの基本を教えてくれるので、一度も洋服を作ったことがない方でも、ハイレベルの知識を身につけられます。もちろん最初は基本中の基本から学ぶのでスタートラインは皆一緒であり、同期と切磋琢磨しながら必要な能力を学べます。専門学校では実技を重視するので、CADソフトを実際に操作したり、設計の図面を書き上げたりなどかなり実践的な作業を行います。これらの作業を通してパタンナーになるための能力を向上させていけるので、卒業することにはかなり実務的な能力が身についているのです。パタンナーを目指す場合の専門学校や昼間部のところや夜間部の学校があるのでライフスタイルに合わせられます。

服飾の専門学校に通うことで、デザイン関連の専門知識を効率よく習得できるため、卒業後に活躍の場が広がります。