ファイナンシャルプランナーに必要な知識は?

Published by:

社会保険や民間保険の知識を取得する

保険には、公的保険と民間保険があります。公的保険は、国などが用意してくれる保険で、一定の条件に該当するならに必ず加入をしないといけません。国民年金や健康保険などがあります。一方、民間保険は加入は自由です。自分自身にリスクがあるとき、そのリスクを補てんする目的で加入します。ファイナンシャルプランナーになるためには、所定の試験に合格するのが良いでしょう。お金関係をを全般的に勉強する必要がありますが、保険に関する問題が多く出題されます。社会保険や民間保険は、実際にライフプランニングをするときにも重要になる知識ですから、正確に把握しないといけません。社会保険は法制度を理解する勉強をし、民間保険はリスクに関する勉強をします。

税金であったり不動産の知識を得ておく

収入を得た時、払わないといけないお金に税金があります。所得税が良く知られていますが、それ以外に贈与税や相続税などがあります。これらの税金は、一定の条件に該当すると必ず支払わないといけません。ただ、申告の方法によって税金額が増減し、事前に対策をすればやはり税金が増減します。ファイナンシャルプランナーは、顧客に対して、できるだけお金の支出を減らせるような提案をしないといけません。そのために、税金を少なくするための知識を得ておく必要があります。相続税や贈与税を減らすときには、不動産の活用があります。不動産を取得する時には、通常のものの取得とは異なる手段が必要になります。コストなどもかかります。それらの知識も必要になるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの講座を受講することで、家計の診断や社会保険に関する基礎知識を得られます。